脱毛すれば、色素沈着は改善しますか

色素沈着の原因は外傷傷、摩擦、刺激、ホルモンバランスの乱れなどです。また、皮膚を強く掻いたり擦ることで皮膚のバリア機能が破壊されてしまい、炎症をおこした後色素沈着に繋がることもあります。 色素沈着で悩みの多い部分は脇、膝、デリケートゾーンです。その中でもデリケートゾーンは名前の通りデリケートな部位であり、度重なる自己処理で傷がついてしまった人や剃るときの摩擦で色素沈着が起きてしまい悩みを抱えた人が多いのが現状です。 では、脱毛をすることによって色素沈着は治るのでしょうか? 答えはYESに近いものです。色素沈着の原因は上記にも書いたように外部からの刺激です。自己処理の剃毛によっておこる摩擦や炎症のせいです。その自己処理の回数が減ったり、なくなったりすると勿論改善します。 医療脱毛の機械の中で最も使われている機械はアレキサンドライトレーザー・ジェントルレーズです。脱毛は元々毛の黒いメラニンに反応し、ダメージを与える事で脱毛効果を期待する事ができます。この機械は脱毛以外にもシミや色素沈着を治すためにも使われています。このことから、脱毛の際に色素沈着のメラニンにも反応することがあるので色素沈着が改善する事もあります。 現に私も脱毛を行う前に、メラニンに反応してほくろが薄くなったり消えてしまったりすることがありますが残しておきたいほくろはありますか?と聞かれました。 毛もなくなってついでに色素沈着も改善できるなんて一石二鳥で悩みが減りますね。

Page top icon